最近の住宅のスタイルとしてリビングは開放感たっぷりの明るい空間にすることが挙げられます。リビングは家族みんなが集まる場所であり、共に長時間過ごす場所なだけに広々と開放感たっぷりな空間であってほしいと私も感じます。たとえ面積的に広々とした空間が得られなかったとしてもデザインの仕方によって狭い空間でも圧迫感なく開放感漂う快適空間になるのです。間仕切りで部屋を区切らないことです。吹き抜けリビングにして明るさをたくさん取り込めるようにするだけでもリビングの開放感は大きく変わってきます。

またリビングに階段を設けるようにする家庭も以前に比べれば多くなりました。玄関入ってそのまま自分の部屋へ行ける今までの間取りでは家族が顔を合わせる機会が少ないのです。そうすることで家族のコミュニケーションが減り、ちょっとした変化にも気づいてあげられなくなります。コミュニケーションを増やし、顔を合わせるようにリビングに階段を設けることは珍しくないのです。しかしリビングに階段があることでリビングスペースに圧迫感を与えます。家族とも顔を合わせることができ、リビングにも開放感を得られるようにするためには視界を遮らないスケルトン階段にするといいと思います。空間に奥行を持たせることでリビングを広々と見せることができるのです。

リビングに繋がるウッドデッキスペースを設けるのもリビングに開放感を与えるのに最適だと思います。室内と庭の空間を身近に感じることで圧迫感を避けられます。このウッドデッキスペースを広く設け第二のリビングとして楽しむのも理想的です。リビングは家族の大切な場です。居心地の良さを追求したいものです。