注文住宅で新築の家造りを考えるのであれば、家族やあなたのこだわりや意見をしっかりと反映させた家造りをするべきだと思います。
家族の考えや生活スタイルに住環境、周辺環境をくみ取って間取りを考えていくわけです。
新築を注文住宅で家造りは建て主と住宅メーカー・工務店の共同作業で家が建てられます。
注文住宅での家造りはいくつかある物件の中から選んで買う建売住宅や中古住宅などの不動産物件とは違うのです。
注文住宅での家造りは自分と家族の意見やこだわりを反映させることができるのに、その時の流行や住宅知識に捉われてしまうことは非常にもったいないことではないでしょうか。
住宅メーカーや工務店の言いなりのような家造りも非常にもったいないことです。
よく家造りは大手のハウスメーカーでないといけないなんて言う方がいます。
確かに企業ブランドは建てる方の満足につながります。
しかし大手のハウスメーカーなどでは徹底したコスト削減や建材の均一化のため完全な注文住宅の家造りができないこともあります。
また住宅メーカーや工務店選びも一方的な提案ばかりをしてくる住宅メーカーや工務店よりも建築依頼主の意見をうまく形にしてくれそうな住宅会社を選びたいですね。
住宅メーカーや工務店に家を建てるために高額な金額を払うのでそれに応じた対応をしてくれるものだと家を建てる前は皆さんそう思われているようですが、実際に新築を建て始めるとそうでもないのです。
確かに100%満足できる家造りを住宅メーカーや工務店に求めると思いますが、実際はそうもいかないのです。
だからこそ住宅メーカーや工務店・またその営業マンと信頼関係を築けなければより満足度は損なわれると思います。
住宅会社もそうですが営業マンも安心して家造りを任せられるかどうか見極めが必要ですね。