フラット35などを貸し出している住宅金融支援機構というところがあります。
元は住宅金融公庫と呼ばれていたのですが廃止されて住宅金融支援機構になったのです。
ここでは通常では金融機関から借り入れをすることができない人たちのために融資をしたりしています。
高齢者向けの返済特例制度もそのひとつになります。
高齢者は民間の金融機関では住宅ローンなどを組んだりすることが難しいです。
なぜなら、年齢制限がありますし健康状態もよくなくてはいけないためです。
健康状態がよくなくてはいけない理由は生命保険に入らなければいけないためです。
団体信用生命保険というものがあり、民間の金融機関で住宅ローンの借り入れをしたい場合にはほぼ必須といっていいものです。
しかし健康状態が悪ければ団体信用生命保険に加入することができないかもしれません。
高齢者向けの返済特例制度はリフォーム工事用の貸し出しをしています。
この返済のすごいところは毎月返済するのが利息だけでいいというところになりえます。
元金をいつ返済すればいいのかというと、お金を借りている人が死んだ時になります、
残る財産があったり保険金がでるときなどはそれで返済することができます。
この高齢者向けの返済特例制度をどのようなときに使うかというと、貯金は持っているのだけれども、その貯金を使うともし何かあったときに対応することができないかもしれません。そのため一旦お金を借りておいて、死んだ時に貯金からお金を返済するなどをすればいいのではないでしょうか。
私の友人の父もこれを利用して大分でリフォームをしたみたいです。
公団流し台を入れたり増築をしたりと結構大がかりなリフォーム工事だったみたいです。