新築で注文住宅を建てると決めてから住宅が建つまでの期間的についてお話しします。
新築で注文住宅づくりを依頼する住宅メーカー・工務店よって工事期間が違いがあります。
おおよそで建築期間を言うと大手住宅メーカーや工務店では約6ヶ月~10ヶ月ぐらいで完成します。
一般的な平均ですので書類の提出状況や申請の許可、計画の進捗状況によって建設期間は変わってきます。
また長期優良住宅で家造りを考えると普通の新築よりも図面の枚数や申請などに時間がかかります。
また注文住宅を建てる工法やユニット、鉄筋コンクリートなどの違いによっても工期が変わっててくることを頭に入れておきましょう。
新築を建てる流れを考えてみると住宅雑誌やインターネットで情報を集め、
どこの住宅メーカーまたは工務店に注文住宅の依頼するか考え、
住宅展示場やモデルハウス、見学会会場に住宅を見にいったりして、
新築をするための土地を探すため不動産会社に物件依頼をするなど住宅の着工にたどりつくまでも大変な時間がかかります。
新築の建設が始まってもそれから半年から約1年ほど時間がかかります。
今から新築で注文住宅を建てようと考えている方は一日でも早く家造りの行動に移すべきです。
とくに住宅情報誌やインターネットでの情報収集で足踏みしている方は直接住宅会社や工務店、土地探しを依頼する不動産会社と接触を試みるべきです。
またいつまでに新築を建てて引っ越しをしたいと考えている方は逆算して流れや行動を考えてみましょう。
値段を安く抑える秘策として施主支給という方法もあります。
建材のアウトレット品などを購入してそれを材料として使うのです。
住宅会社に用意してもらうよりも安くすることができます。
時間や手間が多くかかってしまうことになりますが、値段で困っているときにはお勧めすることができます。