新築の家造りを考える場合にほとんどの方が住宅ローンの借り入れを行っています。
品川区で一戸建てを新築した私の友人も住宅ローンを借り入れしましたが、住宅ローンを借りるために様々な手順を踏んだそうです。
住宅ローンの借り入れをする場合、借りる方や家族、世帯の年収などを基にして銀行などの金融機関が審査を行いうことは前回にもお話しをしました。
さてみなさんは月々いくらの支払いまでできるとお考えでしょうか。
家を建てる前にアパートやマンションなどの賃貸住宅不動産物件に住んでいる場合、同じぐらいの支払額が無難だと考えることでしょう。
札幌で賃貸に住んでいる友達も新築を考えています、住宅ローンの支払いは今の賃貸物件に支払っている金額と同等で収めたいと考えているようです。
しかし注文住宅を建てるとなると実際は家賃よりも高くなることが大半です。
家造りの話が進み、間取りや仕様、また住宅設備など様々な部分こだわりをもって住宅メーカーや工務店とプラン作りを進めていくことだと思います。
そうして家造りの総額を計算した時に予算内に収まるのか、それとも予算をオーバーしてしまうのか、そこが問題になります。
住宅ローンの借り入れを考える時に二通りの考え方があります。
年収がいくらだから最大いくらまで住宅ローンの借り入れができる。
もう一つは月々の支払いをいくらにしたいから計算すると借入総額はいくらになる。
この二つの考え方で私がおすすめするのは後述の方です。
たとえ自分や家族の希望やこだわりが全てかなった家造りだとしても住宅ローンの支払いができなくなってしまっては元も子もありません。
だからと言って妥協した家造りもしたくはないですよね。
家造りの話をする際に全て意見を含んだプランを考えて、予算がオーバーするから何かを削ろうと言う引き算的な家造りは後々の精神衛生上もよくありません。
予算がいくらだからこれとこれと・・・後これもできるという足し算的な家造りを行う為にもしっかりとした資金計画をしていきましょう。