色々な収納術に共通する、5つの収納テクニックを紹介します。

1. 高さのある棚に物をくと、上に無駄な隙間が生まれることがありますね、そんなときは棚板で収納スペースを作り、上下に仕切ります。手作りでも、板とCDケースなどを市販の物を使って、簡単に棚板を増やせます。

2. 奥行きが深い場所で奥の物を引き出すのは大変です、奥にしまった物はついつい忘れてしまいますよね、奥行きが深い収納は表に取っ手をつけたカゴに物を入れ、カゴごと引き出します。取っては結束バンドや麻ひも、ビニールひもで作ります。100円ショップで販売している取っ手が付いたカゴなら、そのまま使えます。

3. 深さのある場所では、ファイルケースなどを使い、収納する物を立てます。フライパンなど重い物は、段ボールや厚みのあるプラスチックケースなど、安定感のある物を選びます。敷き布団も立てて収納すると、スペースが有効に使えます。冷蔵庫の野菜室や冷凍室では、空き容器やペットボトルを使って食品を立てます。

4. 引き出しには仕切りを入れると便利です。分類する大きさに合わせて、ブックエンドやカゴで仕切ります。家の中にある段ポールや紙袋、空き箱などを利用すれば、経済的でエコです。衣類も仕切りを入れれば、取り出すときも乱雑になりません。

5. 重い物は直接床に置かず、底にホームセンターで売っているキャスターを付けたり、キャスター付きの台に乗せることで簡単に動かせるようになります。棚に、取っ手とキャスターを取り付ければ、隙間にすっきり収まるスリムな収納家具になり、床の掃除も楽にできます。
キャスターが付けられない物には、敷居すべりやフェルトシートなどを代用しましょう。