間仕切りなどで閉じられたキッチンではなく、リビングと一体化したオープンキッチンが非常に増えています。オープンなキッチンにすると誰でもキッチンに近寄りやすくなり、作業を手伝いやすくなります。家族だけでなく、友人を招いたホームパーティーの際にも楽しさが増します。

オープンキッチンと言っても形は様々です。I型と呼ばれるタイプのキッチンをリビングに向かって配置する対面型タイプや部屋の中央に島のようにキッチンを配置するアイランド型などいろいろな形があるのです。今までは壁付けキッチンが多く、キッチンで家事を行う母親の姿は背中という家庭が多かったですが、最近では家族と向き合う形になることで、家族とのコミュニケーションを増やすことができ、家事をより楽しみながら行えるようにもなっているのです。

また、小さい子どものいる家庭では、家事をしながらもリビングやその先の和室にまで目線が届くようにしておくことで、家事をしている間も子どもの様子を把握でき、安心して家事を行うことができるのです。このような魅力がある一方で、一つデメリットがあります。それは、お鍋や食器、食材など乱雑に置かれた様子がリビングから丸見えになってしまうことです。見た目にいいものではありませんし、来客時にもスムーズに対応しにくいのです。

片付けが好きな人や上手な人はいいですが、苦手な人は気になる手元部分が隠せるように腰壁を設けて対策をとること併せて計画しましょう。自分に合ったキッチンで、家事を楽しみながら、そして効率よく行える環境を整えておきたいものです。