新築の家造りを注文住宅で行う場合に新築するための土地探しも同時に行う場合の話です。
家を建てる時には住宅メーカーまたは工務店探しをするわけですが、土地を探す場合には不動産会社選びを考えなければいけません。
住宅会社の中には新築部門とは別に不動産部門がある会社もたまにあります。
そういった場合は家の間取りやプランの話と土地選びの話をうまくマッチングして家造りの話ができます。
また家造りの総予算を考える時に住宅そのものの予算をいくら、土地の購入にかける予算をいくらとトータルでバランスを考えることが可能になります。
新築で注文住宅を建てる場合、大半の方が住宅ローンの借り入れをすることだと思います。
佐賀で注文住宅を建てた兄もほぼ自己資金のないままでしたが、
住宅ローンの借り入れで夢のマイホームを手に入れることができました。
住宅ローンを借りる際には自分や世帯の年収に応じて銀行などの金融機関が設定している審査条件を満たした場合に住宅ローンの融資が受けられるます。
また銀行や金融機関の審査は通っても申請した住宅ローンの借り入れ金額よりも減額しての融資が承認されるということもあります。
大分の中古マンションを売った友人は借入金額を少なくできたので
その他でも住宅ローン以外に借り入れがある場合など融資の承認が出にくかったりする場合があるので現状の借り入れなどを再度確認し直しておきましょう。
絶対にしてはいけない事は住宅ローンの審査を行う時に虚偽の報告をすることです。
虚偽の報告で一つの金融機関から不承認を受けた場合、他の銀行でも通らなくなってしますケースもありますので注意して下さい。
住宅ローンの借り入れは絶対に背伸びをしないで身の丈に合った借り入れを考えましょう。