家族構成やライフスタイルの変化に合わせてその時々でピッタリの空間を手に入れたいものです。そこで我が家はその変化に柔軟に対応できるように可動間仕切り収納を取り入れました。

住宅の中で一番変化が求められるのが子ども部屋です。子どもの成長過程によって子ども部屋に求められる空間のあり方は変わってきます。そこで子ども部屋は個室を設けておくのではなく、広々ワンルームの子ども部屋にしました。幼少期は個室を必要とせず、広々とおもちゃを広げて遊べたり、走り回れる空間が求められます。そのため壁に可動間仕切り収納を設置し広々とした空間を作り出すのです。これなら兄弟で遊ぶ際もお友達が遊びに来た時も重宝します。

小学校高学年になるとそれぞれのプライベート空間も欲しくなりがちです。その時は可動間仕切り収納の半分を部屋の中央部分に移動させ広々ワンルームを半分だけ区切るのです。今までのような空間の繋がりを得ながらもプライベートな空間も手に入れられるのです。中学・高校生頃になるとそれぞれの個室を必要とし始めます。この時に完全にワンルームを二つの個室に区切るのです。それぞれのプライベート空間が得られ自分の時間を大切にできるのです。

子ども達が成長するといずれ巣立っていきます。巣立っていった子ども部屋がそのままになっているという家庭も多いのではないでしょうか。可動間仕切り収納なら再びワンルームに戻して、子ども達が帰省した時の部屋として利用したり、セカンドリビングを設けたりと新たな活用法を取り入れやすくなります。その時々で求められる空間にアレンジできるように可動間仕切り収納を取り入れるのもいいのではないでしょうか。