じっくり計画を立てながら、何度も暮らしをイメージしながら最良の選択をして完成させたマイホームでも、実際に生活をしてみると不満が出てくるものです。住宅への不満の多くは収納でした。しかし最近では収納に力を入れた家造りをする人がほとんどで別の、コンセントの位置や数への不満の声がよく聞かれるようになりました。

我が家の新居においても生活し始め1年が経つのですがコンセントへの不満が出てきています。逆に、必要ないのにな~と思いながらも業者の人に言われるがまま設けたコンセントがかなり重宝しているということも起きています。まず不満点は、キッチン作業スペースの高い位置にコンセントがないことです。コンロの足元部分に設けているのですが、ハンドミキサーやフードプロセッサー、電気ケトルなどこれらのキッチン家電を使用する際にコードが届きにくく、使いにくいのです。高い位置の作業スペース部分にコンセントがあればこれらの不満もなく、効率よく調理が行えるため設置場所を間違ったなと後悔しています。

逆に重宝しているコンセントは、掃除機や日用品を収納する収納庫内に設けたコンセントです。最近、充電式の掃除機を購入しました。この収納庫内に収納している状態で充電も行えるのでこのコンセントは非常に助かっています。リビング内や廊下部分に充電している掃除機が目に入ると生活感を感じますし、通行の妨げにもなります。アドバイス通り収納庫内にコンセントを設けて良かったと実感しています。些細なことのようにも感じますが、生活に与える影響が大きいだけにしっかり配線計画を行いましょう。