子ども部屋は、子どもの成長に合わせて変化できる空間造りを求める人が多いです。そのため最初から個室の子ども部屋を設けるのではなく、ワンルームの子ども部屋を設けて、将来子ども達が個室を必要とした時にワンルームを二つや三つの個室に分けるという空間造りをする家庭が増えてきているのです。我が家もこのようにしました。

広々ワンルームの子ども部屋は、子ども達がのびのびと遊ぶことができ、お友達が遊びに来た時も重宝しています。家族みんなで布団を敷いて寝たり、兄弟姉妹の時間を大切にできるだけでなく、家族の繋がりも感じられるのです。空間を区切る際には可動間仕切り収納を利用する予定です。簡単に移動させ、空間のレイアウトを変更できるので、小学生頃になれば空間の半分をこの可動間仕切りで区切り、個室になる一歩手前の空間を作りだし個室になる練習をすることもできます。

中学・高校生頃になるとそれぞれの独立した空間を求めるようになります。その際にはこの可動間仕切り収納を完全に空間を区切るのです。将来的に二つの個室になることを想定して、出入りするドアや照明、コンセントに窓など二部屋分設けておくのです。このように事前に環境を整えておけば、個室にする場合でも大掛かりなリフォームをすることなく空間を区切ることができるのです。子どもが成長するといずれは巣立っていきます。巣立って行った後も、この可動間仕切り収納であれば広々ワンルームに戻すこともでき、子ども部屋を有効活用させることも可能なのです。成長過程に沿って変化に対応できる子ども部屋を目指したいものです。