マイホーム購入は人生最大の買い物です。大きな金額の買い物となる住宅だけに使用する素材に注目してほしいと思います。近年、住宅の高気密・高断熱化が進んでいます。新建材と呼ばれる化学物質を含有した建材も多く用いられています。室内が化学物質などに汚染されてしまうと、そこに住む人の健康に悪影響を与えてしまうこともあるのです。せっかく購入したマイホームが、そこに住む人の健康を損なってしまうのでは意味がありません。

家造りを行う際にはその素材に注目するべきなのです。そこで我が家が取り入れたのが、無垢材です。床や階段、柱に手すりといたるところに地元の杉を用いた無垢材にしたことで、木の本来の温もりを感じながら、木目の美しさを見て楽しむこともできるのです。無垢材の魅力は何と言っても触感です。合板フローリングだと、夏はペタッと張り付いたような感触ですし、冬は冷たくて裸足であるくことなどできません。しかし無垢材であれば、夏はさらさらした肌触りで、冬はほのかに温かみさえ感じられるほどなので一年を通して裸足で暮らしたくなる住まいとなるのです。無垢材は見て癒され、触れてその魅力を実感できるのでお勧めの建材でもあるのです。

そして、壁には漆喰を取り入れました。漆喰の魅力は調湿作用に優れていることです。室内の水分が多いと吸収してくれ、逆に乾燥していると水分を放出してくれるのです。一年を通して室内の環境を快適に導いてくれるのです。梅雨時期など外はじめじめしていても、一歩室内に足を踏み入れるとカラッと心地よい空間が広がるのです。素材にこだわることで住宅への愛着も高まりますし、快適な暮らしを手に入れることができるのです。