新築の家を注文住宅で建てようと考えた時に家造りの情報を住宅雑誌などの出版物やインターネットなどで集めると思います。またどこの住宅メーカーや工務店に新築の依頼をするかも考えることだと思います。
どこの住宅会社に家造りを任せるか考える場合、住宅メーカーや工務店のモデルハウスが集まっている住宅展示場や各住宅メーカーや工務店が建設中の新築注文住宅で行う構造見学会や完成見学会などに足を運んでみるのもいいかと思います。
特に構造見学会はどのような家造りが行われているのか参考になると思うので行ってみましょう。
住宅展示場では住宅建築のトレンドや設備機器などに触れることができ、新築で家を建てるためのイメージを膨らませることができるはずです。
ここで注意したい事は住宅展示場の各住宅会社のモデルハウスはその住宅会社の持ち得る技術を注ぎこんで建てられたモデルハウスなので一般の住宅よりもスケールやグレードが高いということです。
住宅展示場のモデルハウスと同等の家造りは予算・金額的には一般の方では難しい事を頭に置いておきましょう。
住宅展示場のモデルハウスよりも家造りの参考になるのは新築途中の構造見学会や完成見学会の方だと思います。
構造見学会や完成見学会などではその住宅メーカーや工務店の営業マンが待機しているはずです。
住宅メーカー・工務店がどのような理念・また施工で家造りを考えているかなど様々な事を説明してくれます。
実際に建物を見ることができ、質問にも答えてくれるので住宅メーカーや工務店の新築見学会に行く場合には家造りに関する様々な質問を作っておきましょう。
その質問に対する営業マンの対応もそれぞれだと思うのでしっかりと見ておきましょう
モデルハウスや見学会での営業マンや社員の応対も一つの目安になります。