先日新築住宅を建てた友人と話していました。
その友人が熱く話していたことはキッチンにパントリーを設けるということです。
キッチンスペースにパントリーがあることで広々としたキッチンでなくても全く圧迫感を感じることなくスッキリとしたキッチンにすることができるというのです。

確かにキッチンには収納しておきたい物がたくさんあります。
それらをきちんと収納できているキッチンにすることで家事効率も高まるし、キッチンの居心地も大変いいものとなると言うのです。
その友人宅のパントリーはカップボードと一体型になったパントリーです。
広々としたウォークインタイプのパントリーは広さに余裕がなかったため断念したそうなのですが、キッチンの裏に食器から家電製品、食品庫となるパントリーを一体型させ全て磨りガラスで見えないスッキリとしたキッチンと仕上げていました。
一体型することで必要な物を一か所で全て取り出すことができ、家事効率を高めてくれます。デザイン的にも統一感が生まれスタイリッシュな空間が広がるのです。

先日完成住宅見学会に参加してきました。その住宅のキッチンにもパントリーが設けられていました。
パントリーに勝手口が設けられており、そのまま外に出ることもできるような造りになっていました。
ウォークインタイプのパントリーは広々としていて大容量に収納できます。
リビングからはこのパントリーは目に入らないので、買い物からの荷物などサッと隠すにも大変重宝する空間になっていると思います。
キッチンは女性目線で家事のしやすさ、居心地の良さを追求した空間にしたいものです。