5つの収納術

色々な収納術に共通する、5つの収納テクニックを紹介します。

1. 高さのある棚に物をくと、上に無駄な隙間が生まれることがありますね、そんなときは棚板で収納スペースを作り、上下に仕切ります。手作りでも、板とCDケースなどを市販の物を使って、簡単に棚板を増やせます。

2. 奥行きが深い場所で奥の物を引き出すのは大変です、奥にしまった物はついつい忘れてしまいますよね、奥行きが深い収納は表に取っ手をつけたカゴに物を入れ、カゴごと引き出します。取っては結束バンドや麻ひも、ビニールひもで作ります。100円ショップで販売している取っ手が付いたカゴなら、そのまま使えます。

3. 深さのある場所では、ファイルケースなどを使い、収納する物を立てます。フライパンなど重い物は、段ボールや厚みのあるプラスチックケースなど、安定感のある物を選びます。敷き布団も立てて収納すると、スペースが有効に使えます。冷蔵庫の野菜室や冷凍室では、空き容器やペットボトルを使って食品を立てます。

4. 引き出しには仕切りを入れると便利です。分類する大きさに合わせて、ブックエンドやカゴで仕切ります。家の中にある段ポールや紙袋、空き箱などを利用すれば、経済的でエコです。衣類も仕切りを入れれば、取り出すときも乱雑になりません。

5. 重い物は直接床に置かず、底にホームセンターで売っているキャスターを付けたり、キャスター付きの台に乗せることで簡単に動かせるようになります。棚に、取っ手とキャスターを取り付ければ、隙間にすっきり収まるスリムな収納家具になり、床の掃除も楽にできます。
キャスターが付けられない物には、敷居すべりやフェルトシートなどを代用しましょう。

ファミリークローゼット

家族の衣類を一か所で管理できるファミリークローゼット。このクローゼットは、洗面室の隣に設け、洗面室との動線を確保すると同時に、廊下からも出入りができるようにしました。2方向からの動線を得たことで、行き止まりがなくスムーズな動きが得られています。

洗面室ではタオルをよく使用しますし、お化粧やヘアセットなど身支度を行います。この隣にタオル類をはじめ、衣類や下着が揃っていることでタオルの補充が着替えがスムーズに行えるようになります。洗面室は脱衣室としても利用されるため、バスタオルや下着などの事前準備も楽に行えるのです。

玄関からの動線を得たのは、外出から帰宅してここのファミリークローゼットで着ていた上着をしまうことができます。そして、部屋着にもスムーズに着替えることができますし、着ていた洗濯物は隣の洗濯カゴへ入れ、手洗いをスムーズに行えます。後はゆっくりとリビングでくつろぐことができ、玄関からリビングまで無駄な動きが一切ないのです。二階の寝室から降りてきて、外出するまで一階で全て身支度を終えることができるので家族みんなにとって利用しやすいクローゼットとなっています。

子ども達も自分で自分の衣類を取り出し、着替え、洗濯カゴに洗濯物を入れるという習慣が身についてきています。また、家事を行う私にとって家事の効率さを高めることができています。それは、たたんだ洗濯物をしまうという作業がここ一か所で済むのです。たたんだ洗濯物をしまうという作業が面倒と感じる主婦も多いのですが、ファミリークローゼットを生活の中心となる一階に設けておくと家事を効率よく行えるのです。

人気のオープンキッチン

間仕切りなどで閉じられたキッチンではなく、リビングと一体化したオープンキッチンが非常に増えています。オープンなキッチンにすると誰でもキッチンに近寄りやすくなり、作業を手伝いやすくなります。家族だけでなく、友人を招いたホームパーティーの際にも楽しさが増します。

オープンキッチンと言っても形は様々です。I型と呼ばれるタイプのキッチンをリビングに向かって配置する対面型タイプや部屋の中央に島のようにキッチンを配置するアイランド型などいろいろな形があるのです。今までは壁付けキッチンが多く、キッチンで家事を行う母親の姿は背中という家庭が多かったですが、最近では家族と向き合う形になることで、家族とのコミュニケーションを増やすことができ、家事をより楽しみながら行えるようにもなっているのです。

また、小さい子どものいる家庭では、家事をしながらもリビングやその先の和室にまで目線が届くようにしておくことで、家事をしている間も子どもの様子を把握でき、安心して家事を行うことができるのです。このような魅力がある一方で、一つデメリットがあります。それは、お鍋や食器、食材など乱雑に置かれた様子がリビングから丸見えになってしまうことです。見た目にいいものではありませんし、来客時にもスムーズに対応しにくいのです。

片付けが好きな人や上手な人はいいですが、苦手な人は気になる手元部分が隠せるように腰壁を設けて対策をとること併せて計画しましょう。自分に合ったキッチンで、家事を楽しみながら、そして効率よく行える環境を整えておきたいものです。

中庭のある家

私の実家には中庭が設けられています。中庭とは、家に囲まれた庭のことを言います。コの字型やロの字型の庭が中庭の代表的なものです。日本の家には中庭が多く用いられています。それは日本では隣の家との間隔が狭い上、奥行の長い家が多かったのです。そこで中庭を設けることで風通しを作っていたのです。加えて、中庭を設けることで家全体に日差しが入るようになり、明るい空間が広がるのです。

中でも中庭の一番いいところは、プライベートな庭を確保できることです。道路に面した庭であれば通行人の視線が気になりますし、近隣住民の視線も気になり、なかなかプライバシーの確保も難しいのです。しかし、中庭であれば庭が住宅で囲まれているためプライバシーを確保でき、庭がプライベートなスペースとなるのです。実家に帰ると子ども達を安心して遊ばせることができます。侵入者が潜みにくいですし、道路に子どもが急に飛び出すような心配もないのです。家族や親戚とのバーベキューも周りの視線を気にすることなく行えるので、とても楽しい時間を過ごせるのです。

また、室内から庭を眺めれば同じ景色が広がっているので、緑や花々を見て四季を感じることができ、それが家族の会話にも繋がるのです。しかし、中庭を作ろうとするとスペースが取られてしまいます。各部屋のスペースを削ったり、一室減らさなければならないこともあるかもしれません。無理に中庭を作ってしまうと家全体が住みづらくなる可能性になるので気をつけなければなりません。

帽子の収納アイディア

クローゼット内にフックを使って収納
良く使う帽子は、家族それぞれの部屋のクローゼットに、フックに一つずつ掛けて収納して、自分で管理しています。100円の、フックの棒に付ける部分がマジックテープのもので、どんな太さの棒でも対応できます。

クローゼットの扉を利用
扉の外側に、ドアフックを付けて帽子をかけます。ドアの上下に隙間がある事が条件ですが、掛けるところがたくさん付いたベルトを、ドアの上下にはさみます。大人の物は上の方、子供物は下の方を利用します。クローゼットの中に場所をとらず、インテリアとして見せることもできます。帽子だけでなく、バッグなども掛けられます。

折りたためるものと畳めないもので収納方法を分ける
折りたためない物は、クローゼットの扉裏などのデッドスペースを利用し、フックをつけて掛けます。扉を閉めたときに、帽子が潰れない事を確認しましょう。
折りたたんでも大丈夫な帽子は半分に折りたたみ、クローゼット用収納ケースに立てて収納します。

玄関に見せて収納
出かける前にサッとかぶれます。インテリアにもなるアジアンテイストのバンブーラダーなどに、S字フック(多少型崩れしてもよい帽子用)、帽子用のリングハンガー(型崩れする帽子用)、籐のバスケット(折りたたみできる帽子)などを引っ掛けて飾ります。

子供の帽子は小物干しで
型崩れの心配がない柔らかい素材が多い子供の帽子は、ステンレスか、スチール製の、小物を干す小さな物干しに吊り下げておきます。髪留めなども掛けても良いでしょう。見た目もかわいく、パッと取れます。

回遊型の和室

我が家に設けた和室は、2方向の動線を確保し行き止まりの無い回遊型動線にしました。まず一つ目はリビングからの動線です。リビングの延長上に設けた和室は、普段は建具を開け放ちリビングとの一体感を大事にしています。こうすることでリビングにより広さや開放感がプラスされていますし、リビングの延長として和室がとても利用しやすいのです。子どもが遊ぶスペースや昼寝のスペースとして最適です。キッチンで家事をしながら和室にまで目が行き届くので家事と育児の両立のしやすさも高まっています。

リビング延長型の和室は、普段使いしやすく便利な空間となります。しかし、時に生活感で溢れるリビングにお通ししたくないお客様を家に通さないといけないこともあります。この場合、和室を客間としても利用できるように、玄関から直接和室へ行けるように動線を確保したのです。客間として利用する場合は、リビングとの境の建具は閉め切って見えないようにしておきます。これならリビングを見られる心配もなく和室へ案内できますし、お客様に関係のない家族は通常通りリビングでくつろぐことができます。

和室には、家族みんなの衣類を収納しているファミリークローゼットを設けています。そのため、帰宅してまず和室へ向かい、上着を片付けたり、部屋着に着替えることも多いです。わざわざリビングから回り込む必要もないため、動線のスムーズさは暮らしやすさにも繋がっているのです。行き止まりの無い和室を設けて、和室の過ごし方の幅を広げてみるのもいいと思います。

クローゼットの整理

着る服・着ない服を分類した後は、引き出しと衣装ケースの服を入れ替えていきます。
基本的にシーズン外の物は衣類ケースに入れてしまいますが、Tシャツ(長袖&半そで)・シャツなどは引き出しに入れて、オールシーズン出しておきます。引き出しは、夏前の衣替えの際には、半袖の引き出しが使いやすい位置に来るように、冬前の衣替えの際には、長袖の引き出しが使いやすい位置に来るように 、それぞれ入れ替えるだけにすれば簡単で、季節外れの気候になったときにも対応できます。

シーズン中に着た服を、きれいに洗ってたたみ、次のシーズンに着るものと入れ替える衣替えは面倒な作業に思えますが、手持ちの服を見直して次に何を買い足すかを考えるための貴重な時間ともいえます。

衣替え不要の広いウォークインクローゼットにはあこがれますが、見直す機会がないと服はどんどん際限なく増えていきます。
一人の人が手持ちの服の数を把握できるのは80~100着程度だそうで、それ以上になると持っていること自体を忘れてしまいます。
着ることのない服にクローゼットを占領され、今着たい服が見つからないというのも、勿体無いといえるのではないでしょうか。

服の数を減らすのはある程度の時間と勇気が必要です。
ダイエットで急激に体重を減らすとリバウンドするのと同じで、急激に減らそうとして捨てすぎたり、反動で余計に買い物してしまったりしては意味がありません。
衣替えの度に着なかった服を少しずつ減らし、クローゼットスッキリ計画を無理なくゆっくり進めるのが良いと思います。

依頼した業者

家造りを進めるにはまず依頼する業者を選ばなくてはなりません。この業者選びこそが家造りを成功させることができるかどうかのカギを握っているだけに、しっかりと自分達に合った、そして信頼できるパートナーと出会いたいものです。

我が家は、大手ハウスメーカーから地元に密着した工務店まで数多くの業者と出会い、話をしてきました。その中で地域密着型の工務店に依頼することに決めたのです。まず住宅は大きな金額の買い物となるだけに安心して任せられる、信頼できる相手でなくてはなりません。自社の利益を追求した強引な営業や数字を並べて自社の製品の良さをアピールされてもピンときません。我々に分かりやすく住宅への知識やプランニングを説明してくれ、我々の相談に親身になってのってくれることで次第に信頼関係が築けるのです。

住宅の知識の豊富さや経験数の多さは、幅広いプランニングには欠かせません。我が家が依頼した業者は、知識や経験の豊富さゆえいつも数多くのプランニングを提案してくれ、幅広い選択肢の中から最良の一つを選ぶことができました。予算がかさむ提案をしてくる際には同時に節約できるポイントもアドバイスしてくれ限られた予算内で最高の住まいを完成させることができたのです。

建物に関してだけでなく、土地についてや住宅ローンについてなどまでアドバイスしてくれ、安心して任せることができたのです。家造りを成功させたいならまずは最高のパートナーを見つけ出すことが一番なのではないでしょうか。

可動間仕切り収納

家族構成やライフスタイルの変化に合わせてその時々でピッタリの空間を手に入れたいものです。そこで我が家はその変化に柔軟に対応できるように可動間仕切り収納を取り入れました。

住宅の中で一番変化が求められるのが子ども部屋です。子どもの成長過程によって子ども部屋に求められる空間のあり方は変わってきます。そこで子ども部屋は個室を設けておくのではなく、広々ワンルームの子ども部屋にしました。幼少期は個室を必要とせず、広々とおもちゃを広げて遊べたり、走り回れる空間が求められます。そのため壁に可動間仕切り収納を設置し広々とした空間を作り出すのです。これなら兄弟で遊ぶ際もお友達が遊びに来た時も重宝します。

小学校高学年になるとそれぞれのプライベート空間も欲しくなりがちです。その時は可動間仕切り収納の半分を部屋の中央部分に移動させ広々ワンルームを半分だけ区切るのです。今までのような空間の繋がりを得ながらもプライベートな空間も手に入れられるのです。中学・高校生頃になるとそれぞれの個室を必要とし始めます。この時に完全にワンルームを二つの個室に区切るのです。それぞれのプライベート空間が得られ自分の時間を大切にできるのです。

子ども達が成長するといずれ巣立っていきます。巣立っていった子ども部屋がそのままになっているという家庭も多いのではないでしょうか。可動間仕切り収納なら再びワンルームに戻して、子ども達が帰省した時の部屋として利用したり、セカンドリビングを設けたりと新たな活用法を取り入れやすくなります。その時々で求められる空間にアレンジできるように可動間仕切り収納を取り入れるのもいいのではないでしょうか。

住宅への不満

じっくり計画を立てながら、何度も暮らしをイメージしながら最良の選択をして完成させたマイホームでも、実際に生活をしてみると不満が出てくるものです。住宅への不満の多くは収納でした。しかし最近では収納に力を入れた家造りをする人がほとんどで別の、コンセントの位置や数への不満の声がよく聞かれるようになりました。

我が家の新居においても生活し始め1年が経つのですがコンセントへの不満が出てきています。逆に、必要ないのにな~と思いながらも業者の人に言われるがまま設けたコンセントがかなり重宝しているということも起きています。まず不満点は、キッチン作業スペースの高い位置にコンセントがないことです。コンロの足元部分に設けているのですが、ハンドミキサーやフードプロセッサー、電気ケトルなどこれらのキッチン家電を使用する際にコードが届きにくく、使いにくいのです。高い位置の作業スペース部分にコンセントがあればこれらの不満もなく、効率よく調理が行えるため設置場所を間違ったなと後悔しています。

逆に重宝しているコンセントは、掃除機や日用品を収納する収納庫内に設けたコンセントです。最近、充電式の掃除機を購入しました。この収納庫内に収納している状態で充電も行えるのでこのコンセントは非常に助かっています。リビング内や廊下部分に充電している掃除機が目に入ると生活感を感じますし、通行の妨げにもなります。アドバイス通り収納庫内にコンセントを設けて良かったと実感しています。些細なことのようにも感じますが、生活に与える影響が大きいだけにしっかり配線計画を行いましょう。

Copyright © 2018 新築住宅や不動産について. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes